--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/21

ubuntu10.10でニコニコ動画にアップロード(超初心者)part1

自分はニコニコ動画をよく利用している。まあただ動画を見て笑っているだけだが。
大学に入学した時、何を血迷ったか作曲しよう!などと思い立った時期もあった。
その最終目的がニコ動にアップすることだった。

さて1年が過ぎ、自分はかなりのニコ厨になった。最近ではツイッターやフェイスブックが話題となり、ブログをやる人も数多くなっている。みんなネットワーク上で自分を表現したいのだろう。

自分もその流れに乗ってみたくなった。春休みで時間もあるし、果たせなかったニコ動へのアップを別のかたちで実現させたくなったのだ。

だが自分が帰省時にもって帰ってきたパソコンのOSはubuntu。まだまだwindows対応のソフトウェアばかりで、一般的な動画アップの方法のサイト情報が当てはまらない。困った。

でも結局練習動画をアップすることができた。(非公開)
いろいろ試行錯誤したが、その過程は省き、とりあえず自分がアップロードできた手順を簡潔に示す。
おそらく無駄な手間やもっといい方法があるかもしれないが初心者なのであしからず。
①Kdenliveをインストールする

まずはubuntu10.10に「Kdenlive」という動画編集ソフトをインストールする。以下に「Kdenlive」の基本画面を示す。

$カオスラボ-Kdenliveの画面



ubuntu10.10に標準インストールされている「PiTiVi 動画エディタ」というソフトもあるが、これはニコニコ動画にアップできるファイル形式に変換できない。

インストール方法は以下(自分はまだコマンド操作になれてないのでもっぱらマウスを動かしてます)

1.メニューの「アプリケーション」→「Ubuntuソフトウェアセンター」を開く
2.立ち上がったウィンドウの右上にあるルーペのところに「Kdenlive」と打ち込めばソフトが表示されるのでクリックして、[インストール]をクリックする。(パスワードを要求される)
3.インストールが完了したら、メニューの「アプリケーション」→「サウンドとビデオ」から「Kdenlive」を開くことができる。

②動画をつくる
自分はまず音声なしの紙芝居的な動画を作成した。スライドショーのようなものだ。音声を入れたり、エフェクトを入れたりするのは後々説明していこうと思う。とりあえずはUbuntu上でニコニコ動画にアップするまでということで。
参考にしたサイト:Kdenliveで効率よくノンリニアビデオ編集する

<準備するもの>
動画にしたい画像 複数枚
バックに流したい曲(mp3形式)

1.「Kdenlive」を起動する
2.起動画面左の枠内(以下画像で赤丸?で示したところ)を右クリックして、「Add Clip」を選択する。
3.ファイルを開く画面が出てくるので、動画にしたい画像を選択し、「Open」をクリックする。

4.するとClip欄に画像が並ぶので、好きな順にドラッグアンドドロップで下の枠の「Video1」の中に持ってくる。(以下画像で青丸?で示したところ)

5.各クリップはマウスを使って好きな時間に引き伸ばしたり縮めたりできる。(クリップの端にカーソルを持っていくきドラッグで好きなように調節する)

6.同じく使用したい曲(mp3形式)を2.3.と同じ手順でクリップに表示させ、下の枠の「Video1」より下の方にある「Audio1」のところにドラッグアンドドロップする。位置をマウスで好きなように動かす。

7.どんな動画になっているかは、適宜右上の再生ボタンを押して確認できる。
$カオスラボ-Kdenliveの画面2

8.完成したら、ウィンドウ上のメニューの一番右端にある「Render」をクリックする。

9.「Rendering」という小さなウィンドウが立ち上がるので、その中の「Render Project」のタブを選ぶ(下の画像参照)

10.「Output file」というところで作った動画を置く場所を指定する。

11.左のリストから「MPEG-2」を選択し、更にその右で好きなレートを選択する。(以下画像参照)
数字が大きくなるほど画質はよくなるが変換に時間がかかる。そして容量も大きくなる。

12.左下の「Render to File」をクリックする。(変換し終わるまでしばらく時間がかかる。)



$カオスラボ-Kdenliveの画面3


③ニコニコ動画にアップ 今日はつかれたので次の記事で紹介します。^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。