2015/05/11

ケータイへの回帰(通信費の縮減)

昨年度から今年度にかけて、家計の見直しをしていると、どうも通信費(スマホ・ネット)が高いと感じるようになった。

ネットについてはフレッツ光とプロバイダYahoo! BBの組み合わせだったが、最初からいらないオプションつきまくってくるし、いらないワイファイルーター送ってくるし、解約、自動延長の縛りがある。解約料金がばかにならなかったが、私は転勤族だし、移転先でもフレッツ光に縛られ続けるのが嫌だったので、今年度引っ越しとともに解約した。新しい住居はネットが無料で使い放題ということだから、ネット料金は0円になった。(フレッツ光・Yahoo! BBの解約金がバカ高かったので、1年経たないと元はとれないが・・・。今後引っ越しするときも、ネット契約には慎重になろう。)

さて、本記事のタイトルのように、数年間ずっとスマホだった私がケータイに回帰した。

思えば、スマホ出始めの頃には早速ドコモの物理キー付きのスマホを買ってみたり

Docomo_Optimus_chat_L-04C_02.jpg
Optimus chat L-04C (Wikipediaの写真を引用)


米大統領が使っているとかでBlackBerryが話題になってから、しばらく経った頃にBlackBerryを買ってみたり

BBB9780.jpg
BlackBerry9780 (Wikipediaの写真を引用)


通信速度が遅すぎてやっぱり流行りの形状の端末を買ってみたり

AQUOS_PHONE_ex_SH-04E.jpg
AQUOS PHONE EX SH-04E(価格.comの写真を引用)

と、4年間くらいはスマホを使い続けて、携帯といえばスマホ以外には考えられなくなっていた。

特に、最後のAQUOS PHONEでは様々なアプリを便利に使っていた。
LINE、Twitter、 Facebook、 Evernote、カメラ、乗り換え案内、MAP、 ブラウザ、ゲーム、音楽再生etc...
外出先で気になったものはすぐに快適な早さで検索することができたし、高校生のときに買ってもらったウォークマンが壊れてからは音楽再生端末として通勤中に語学CDや音楽を聞けたし、LINEで瞬時に相互のやりとりができたし、各種SNSでいつでも世界とつながっている感覚になることもできた。また、初めての場所にお出かけするときでもすぐに乗り換え案内で電車を調べられたし、MAPで目的地まで迷わず行くことができた。暇な時にはゲームをしてひたすら時間をつぶすこともできた。

しかし、社会人2年目になって、冒頭でも書いたように家計を気にしなければならなくなった。毎日の生活費(食費・日用品)はもちろん節約しなければいけないが、毎月かかってくる固定費がどうもいやなのだ。月額料金を支払っているのだから、それに見合っただけ使っていないと勿体ない。
一段上に書いたように、様々な便利さはあったのだが、それは月々の使用頻度を考えると「なくてもいいのでは?」という内容だと気がついた。

一番使っていたのが「LINE」である。しかしこれは、ごくたまに友人とやりとりする以外は毎日妻と出先で会話するのみに使っていた。
2番目に使っていたのがインターネット閲覧用のブラウザ。しかしこれは、そんなにしょっちゅう使っていたわけではない。家にいるときは家のパソコンで、職場では職場のパソコンで調べれば済む話である。休日にお出かけした先でお店を調べたりすることがあったが、頻度も少なく、お出かけする前にしっかり下調べしていけばいいのではないか。これは乗り換え案内やMAPにも言えることである。
3番目が音楽再生用アプリであるが、朝の通勤時以外はスマホで聞くこともないし、スマホの電池を気にしているときは音楽よりも他の機能を優先したくなる。
他、カメラやEvernoteはガラケーでも代用できるだろうし、各種SNSもいい加減飽きてきて使用頻度と関心が薄れている頃だったし、ゲームは暇な時以外でもやってしまい、有用な時間が奪われているのを感じていた。

更に、スマホは色々なことができてしまう故、しょっちゅう何かしら触ってしまい、電池のもちが悪い。(充電用バッテリーも一緒にもっていたが、端末一台を持ち歩くのにバッテリーも常に持ち歩かないといけないのは気分的にいやである)
そして、色々できるが故、無駄な時間を過ごしてしまう。ゲームだったりSNSだったりを使用している時間はもっと他の生産的なことができるのではないか。

かくして、月額料金とスマホの利用価値について考え、ガラケーに戻すことを決意した。妻にも話したところ、妻も今持っているiPhone5からガラケーに乗り換えることを決意した。

どこの会社が安いのか、どの端末がほしいのかよく調べ、その結果我々は「Y! Mobile」のPHSを契約することにした。

なんでも昔は一般の携帯電話番号をPHSにMNP(電話番号そのままで乗り換え)することはできなかったのだが、2014年10月からは一般の携帯電話番号をPHSにMNPすることができるようになったらしい。今や携帯電話番号は連絡先として様々な契約に必須の情報となっているため、もし電話番号を変更するとなった場合、保険や年金や職場、あらゆるサービス上で連絡先の変更手続きをしなければならず、大変面倒である。

PHSへのMNP可能という状況は我々を後押しした。WILLCOMを合併し、PHSに強いY!Mobileが、スマホへの流出の影響で、PHSなら「同時に2台契約で主回線の基本料金が無料」「家族割引適用で副回線の基本料金が無料」というキャンペーンをやっている状況があったからである。

「これ、番号変えずに、ほとんどタダで携帯使えるようになるんじゃないか?」

というわけである。

実際そうであった。結論から言うと、今まで二人で月額13,000円前後かかっていた通信料は、乗り換え後月額約1,200円になった。しかも、「どの電話にもかけ放題」「インターネットなどのパケット使用料にかかわらずこの値段」である。

二人はそれぞれauとdocomoに行き、MNPの手続きをし、Y!Mobileに行って端末を選んだ。とても小さいかわいいやつである。(耐衝撃・防塵・防水がウリ)

LIBERIO_WX11K.jpg
LIBERIO 2 WX11K


MNPを用いた解約にはそれぞれ手数料2,000円がかかった。
私のほうは解約月じゃないので違約金が9,500円ほどかかった。(この制度も見直しが進んでいるらしいね)
また、端末料金は一台約40,000円で、一括で支払った。
3年間の縛りはあるものの、上で述べた「基本使用料無料」が二人に適用され、初回にごてごてとオプションがついているが、翌日解約してもいいという「バリュープラン(?)」で、「スーパー誰とでも定額」(月1,500円+税でどの電話に対しても通話料無料・インターネット使い放題)が1,000円引きとなり、一人大体600円×2=1,200円/月というわけである。(スーパー誰とでも定額以外のオプションは契約翌日すぐさま解約した。保証サービス系は今までの経験上全くいらないことがわかっていた。)

これでめでたしである。ちなみに「スーパー誰とでも定額」の下位バージョンのオプションである「誰とでも定額」にすれば、10分間以内の通話が月300回まで無料(インターネットは上限はあるものの使った分だけ料金がかかる)で、月額の基本的な料金が本当に0円ということも可能であった。ただ、ふとしたことでインターネットを使い、すぐパケット上限になるだろうなというところで、「スーパー」のほうにした。通話し放題よりはインターネットを重視してのことである。

<使ってみた感想>
・月額料金の安さは言うまでもない
・必要最低限の機能しかついてないので、あまり触らず、電池のもちが良い(2日~3日は充電なしでも大丈夫。ただし、ずっとインターネット閲覧などしていると6時間程度で電池が切れる。)
・乗り換え案内についてはNAVITIMEのサイトで割りとストレスなく調べることができる
・インターネットで調べものをしようとは考えない方がいい。画面も小さいし、何より通信速度が遅すぎる。
・昔持っていたスマホは、通話とメールは使えないがWifiが使える環境であれば、従前のように使うことができる。
・メモ帳やTODOリストやカレンダーやアラームは便利に使わせてもらっている。
・妻とのやりとりはLINEからSMSに変わった。別に不満はない。
・初めて携帯を持ったときを思い出し、とてもなつかしい感じがする

私はちょっとした部分で時代に逆行することが昔から好きなのである。今回のPHSへの乗り換えはお金のこともあったけど、本当はスマホが覇権を握り始めた時代に逆行したいという気持ちもあった。そしてその選択は間違っていないと考えている。

また次回。
スポンサーサイト
2015/05/10

アイコンを作れるサイト

アイコンを作れるサイトを紹介します。

アイコンジェネレーターズ(icon Generators)
ig88-31.gif


プロフィール画像(2015年5月10日現在)は上記サイトのうち、「ちびドットアイコンジェネレータ」を使って作成しました。下の画像のような編集画面でポチポチとクリックしていくだけでドットアイコンが作れます。

ちびドット編集画面


作成したアイコン
歌声合成ツールUTAUのデフォルト音源のイメージキャラクターである「デフォ子(唄音ウタ)」です。

chibidot48_2.pngchibidot72_2.pngchibidot96_2.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。