2011/03/28

Ubuntu10.10に日本語LaTeX環境をらくらく構築

 理系の大学生だと、レポートに数式を使うことが多くなる。

数式を使ったレポート作成には、事実上論文などの標準である「TeX」または「LaTeX」または「LaTeX2e」などを使っていくと非常に便利である。以下にLaTeXで作成したレポートの例をPDFで示す。

                    レポートサムネイル 
                                                 ↑クリックでPDFが開きます

この春から大学1年になる理系学生へ向けて、Ubuntu10.10への日本語LaTeX環境を構築するもっとも簡単な方法を紹介したいと思う。

■用意するもの

・「Ubuntu10.10 日本語Remix 」 がインストールされているパソコン
・インターネットに接続できる環境

※日本語Remixでないとうまくいきません。Ubuntu10.10では以下のサイトからダウンロードできます。
     
Ubuntu Desktop 日本語Remix CD のダウンロード


①「Texmaker」をインストールする
1.メニューの「アプリケーション」→「Ubuntuソフトウェアセンター」をクリックする。

2.表示されたウィンドウの右上の検索窓に「texmaker」と打ち込めば1件表示されるので、選択して「インストール」をクリックする(パスワード要求される)。

②LaTeX日本語環境を整える
1.メニューの「システム」→「システム管理」→「日本語環境セットアップヘルパ」をクリックする。

2.パスワード要求されるので入力し、その後出てくるボックスは「はい」をクリックする。

3.以下のようなウィンドウが表示されるので、

                   日本語環境セットアップヘルパ 

一つ目と二つ目の画面は特にチェックをつける必要はないので「OK」をクリックする。
三つ目の画面で

□  latex-env-ja      LaTeX日本語環境 

□  latex-extra-ja    LaTeX日本語環境拡張

の二つにチェックをつけ、「OK」をクリックする。

③「Texmaker」の設定をする

1.「Texmaker」の日本語化パッケージが以下のリンクから入手できる。

    Texmaker 2.3 日本語化キット


2.クリックするとメニューから「場所」→「ダウンロード」のフォルダの中に「texmaker2.3_ja.zip」という圧縮ファイルがダウンロードされているので、マウスで右クリックし「ここに展開する」を選択する。

3.「texmaker2.3_ja」というフォルダが形成されるので、中を確認すると

・README.txt
・qt_ja.qm
・texmaker.pro.patch
・texmaker_ja.qm
・texmaker_ja.ts

という5つのファイルがある。README.txtに書かれていることを行えば日本語化できるのだが、端末操作が必要になってくるのでLinux初心者は困ってしまう。しかし、丁寧に説明するのでそのとおりやっていただきたい。

まず、メニューから「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」をクリックし起動させる。
以下のコマンドを打ち込んでいく。$・#の後ろの青字が入力する文字である。一行ごとにエンターを押す。また、括弧内は補足説明であり実際に端末に表示されるわけではない。

$sudo su

(パスワードを要求されるので打ち込んでエンターすると、
カーソルの左側に表示されるものが

[ユーザー名]@[パソコン名]:~$ → root@[パソコン名]:/home/[ユーザー名]#

に変化する)

#ls (端末にフォルダがいろいろ表示されるがその中に「ダウンロード」があることを確認)

#cd ダウンロード

#ls
(「texmaker2.3_ja」があることを確認)

#cd texmaker2.3_ja

#ls
(texmaker_ja.qmとqt_ja.qmがあることを確認)

#cp texmaker_ja.qm /usr/share/texmaker

#cp qt_ja.qm /usr/share/texmaker
(二つのファイルをコピーしてtexmakerというフォルダに置いている
これで完了)

4.「アプリケーション」→「オフィス」→「Texmaker」でTexmakerを起動する。このときメニューが日本語になっていれば日本語化できている。

Texmakerのメニューから「オプション」→「Texmakerの設定」を選択すると以下のようなウィンドウが開く。

Texmakerの設定 

左側に3つある項目のうち「エディタ」をクリックする。そして「エディタフォントのエンコーディング」から「EUC-JP」を見つけ出して選択する。

次に左側の項目のうち「簡単コンパイル」をクリックし、その右側のうち「ユーザ指定」にチェックを入れる。
その下のボックスに以下のように打ち込む。

platex -interaction=nonstopmode %.tex|dvipdfmx %.dvi|evince %.pdf

そして「OK」をクリックする。

以降Texmakerを用いてTex文書を作成しコンパイルしてPDFにするときは「簡単コンパイル」をワンクリックすれば簡単にPDFができる。(下の画像も参照:Texmakerの画面・簡単コンパイルボタンの位置を赤丸で囲んでいる)

コンパイルボタン 



以上で完全に日本語LaTex環境が構築される。
Texmakerはいろいろ便利な機能が付いていて、Tex文書を作るときに大いに役立つ。

Texに関してはまたいずれ記事にしたいと思う。今日はここまで。











スポンサーサイト

続きを読む

2011/03/28

Ubuntu10.10とWindows7のデュアルブート

最近人気の「Ubuntu」というOS。Linuxディストリビューションの一つだ。
現在最新のUbuntu 10.10(Ubuntu11.04のベータ版が3月31日にリリースされるが)は、機能的にはWindowsと遜色なく、起動も軽い。さまざまなアプリケーションを簡単にインストールできる「Ubuntuソフトウェアセンター」というアプリケーションもある。

自分は中古でサブに買ったノートパソコンにUbuntuをインストールして使っていたが、先日、メインのWindowsパソコンにデュアルブートでUbuntuを起動できるよう設定した。

初めてインストールする人にも分かるよう親切に説明してくれたページがあるので紹介する。

Ubuntu10.10とWindows7のデュアルブートをするために非常に参考になるサイト
           → http://www.field-on.net/wp/?p=5495

Ubuntu10.10のインターフェイス

カオスラボ-Ubuntu1

カオスラボ-Ubuntu2
2011/03/24

高校時代の友達はいいなあ

今日は実家から下宿までUターンするついでに高校によった。
バレーボール部でともに中・高と過ごした友人たちや後輩と会った。


やっぱり楽しいなあ。

大学に入って一年たつけど、やっぱり高校にいた時間の方が長いわけで。
断然打ち解けて話せる(´Д`)p(^^)qo(^o^)o

バレーボール、続けたいなあ。大学にバレー部がないから作ろう。

2011/03/23

ubuntu10.10でニコニコ動画にアップロード(超初心者)part2

では前回の続きで作った動画を実際にニコニコ動画にアップロードする手順を説明したいと思う。


③ニコニコ動画にアップロードする


1.ニコニコ動画にログインし、リンク「動画」をクリックして表示されるページで右上の「動画を投稿」をクリックする。

2.「動画の新規投稿」画面が出てくるので(下の画像)「ファイルを選択」ボタンをクリックする。

カオスラボ-新規動画を投稿

その下の「投稿できる動画形式・推奨する設定を表示」をクリックすると投稿可能な動画形式が表示される。前の記事で動画を作成するときに「Rendering」から「MPEG?2」を選択したが、それは投稿可能な動画形式に含まれる。


投稿できる動画形式:
H.264/AVC( MP4 )またはFLV形式のみ1ファイル 100MB まで
その他形式( MPEG1、MPEG2、MPEG4、WMV、DIVX系 )は1ファイル 100MB まで

推奨設定については高画質や高音質で動画をアップするというのに取り組む際触れたいと思う。

3.自分が作った動画ファイルを選択し、「開く」をクリックする

4.「動画の縦横比」の設定は ・自動認識 ・スタンダード( 4:3 ) ・ワイド( 16:9 )の3つがあるが、今回は自動認識を選ぶ。

5.完了通知受け取りは好きなようにチェックを入れ、下の「本ページの記載内容および利用規約に同意し動画を投稿」ボタンをクリックする(アップロードまでにしばらく時間がかかる)。

6.アップロードが完了したら以下の画面が表示されるので、上から順に埋めていく。

$カオスラボ-投稿画面


①動画サムネイルの選択
表示された3つの中にサムネイルにしたい画像が含まれていたらそれにチェックを付ける。
3つのうちに無い場合、その下の「サムネイル候補をランダムに作成」をクリックするか、あるいはその下の「時間を指定してサムネイル候補を作成」をクリックしたのち、サムネイルにしたい映像が流れる時間を打ち込んで指定する。その後表示されたサムネイルにチェックをつける。

②動画タイトル(必ず入力)
好きな動画タイトルを付けられる。いずれ再生数が稼ぎたくなったら、印象的なタイトルをつけるとよい。

③動画説明文(必ず入力)
動画の説明文を書く。もし動画中にニコニコ動画から引用したものを使っているなら、その引用元のURLの末尾に書いてあるsm108391のように書いておいたほうがよい。そうすると自動的にリンクが貼られる。再生数が多くなると、引用元を記載してないと叩かれる。

④カテゴリタグ
投稿動画のカテゴリを選ぶ。2011年3月24日現在ではカテゴリタグは24種類あり、以下の通り

エンターテイメント
音楽
スポーツ
動物
料理
日記
自然
科学
歴史
ラジオ
ニコニコ動画講座
政治
歌ってみた
演奏してみた
踊ってみた
描いてみた
ニコニコ技術部
アニメ
ゲーム
アイドルマスター
東方
VOCALOID
例のアレ
その他

⑤その他の設定
「ニコニコスクリプトの設定」・「公開設定」・「コモンズ設定」があるが、今回は「公開設定」以外は無視する。

まず「公開設定」をクリックし、「公開範囲」を「公開(全ユーザー)」・「非公開(自分のみ)」・「コミュニティ専用」から選択してチェックをつける。動画を投稿してエンコードされると、思ったような画質にならないことが多いので、一度「非公開」にして出来上がりを確認したあとで「公開」に変更するといいかも。(あとから変更できる)


次に、「許可」のチェック欄のチェックを好きなように外したりつけたりして終了。上の画像参照

⑥この内容で登録
「この内容で登録」ボタンをクリックする。

⑦投稿動画の確認とタグ編集
①~⑥まで終了すると投稿動画一覧の画面に切り替わるのでさっそく自分の投稿した動画を確認する。

初期はタグがカテゴリタグしか設定されてないので、動画画面のタグのそばの「編集」をクリックして、好きなタグを登録していける。固定したいタグにはタグロックをかけることもできる。





以上で、一応ニコニコ動画に投稿するという目的は達成できた。

まだまだ、画質やら動画編集の向上はできるので、まずは投稿するという一歩を歩んだあと次のステップへ移るといいのではなかろうか。


↓個人的なおすすめ動画を紹介します 「デフォ子の部屋」



2011/03/21

ubuntu10.10でニコニコ動画にアップロード(超初心者)part1

自分はニコニコ動画をよく利用している。まあただ動画を見て笑っているだけだが。
大学に入学した時、何を血迷ったか作曲しよう!などと思い立った時期もあった。
その最終目的がニコ動にアップすることだった。

さて1年が過ぎ、自分はかなりのニコ厨になった。最近ではツイッターやフェイスブックが話題となり、ブログをやる人も数多くなっている。みんなネットワーク上で自分を表現したいのだろう。

自分もその流れに乗ってみたくなった。春休みで時間もあるし、果たせなかったニコ動へのアップを別のかたちで実現させたくなったのだ。

だが自分が帰省時にもって帰ってきたパソコンのOSはubuntu。まだまだwindows対応のソフトウェアばかりで、一般的な動画アップの方法のサイト情報が当てはまらない。困った。

でも結局練習動画をアップすることができた。(非公開)
いろいろ試行錯誤したが、その過程は省き、とりあえず自分がアップロードできた手順を簡潔に示す。
おそらく無駄な手間やもっといい方法があるかもしれないが初心者なのであしからず。
①Kdenliveをインストールする

まずはubuntu10.10に「Kdenlive」という動画編集ソフトをインストールする。以下に「Kdenlive」の基本画面を示す。

$カオスラボ-Kdenliveの画面



ubuntu10.10に標準インストールされている「PiTiVi 動画エディタ」というソフトもあるが、これはニコニコ動画にアップできるファイル形式に変換できない。

インストール方法は以下(自分はまだコマンド操作になれてないのでもっぱらマウスを動かしてます)

1.メニューの「アプリケーション」→「Ubuntuソフトウェアセンター」を開く
2.立ち上がったウィンドウの右上にあるルーペのところに「Kdenlive」と打ち込めばソフトが表示されるのでクリックして、[インストール]をクリックする。(パスワードを要求される)
3.インストールが完了したら、メニューの「アプリケーション」→「サウンドとビデオ」から「Kdenlive」を開くことができる。

②動画をつくる
自分はまず音声なしの紙芝居的な動画を作成した。スライドショーのようなものだ。音声を入れたり、エフェクトを入れたりするのは後々説明していこうと思う。とりあえずはUbuntu上でニコニコ動画にアップするまでということで。
参考にしたサイト:Kdenliveで効率よくノンリニアビデオ編集する

<準備するもの>
動画にしたい画像 複数枚
バックに流したい曲(mp3形式)

1.「Kdenlive」を起動する
2.起動画面左の枠内(以下画像で赤丸?で示したところ)を右クリックして、「Add Clip」を選択する。
3.ファイルを開く画面が出てくるので、動画にしたい画像を選択し、「Open」をクリックする。

4.するとClip欄に画像が並ぶので、好きな順にドラッグアンドドロップで下の枠の「Video1」の中に持ってくる。(以下画像で青丸?で示したところ)

5.各クリップはマウスを使って好きな時間に引き伸ばしたり縮めたりできる。(クリップの端にカーソルを持っていくきドラッグで好きなように調節する)

6.同じく使用したい曲(mp3形式)を2.3.と同じ手順でクリップに表示させ、下の枠の「Video1」より下の方にある「Audio1」のところにドラッグアンドドロップする。位置をマウスで好きなように動かす。

7.どんな動画になっているかは、適宜右上の再生ボタンを押して確認できる。
$カオスラボ-Kdenliveの画面2

8.完成したら、ウィンドウ上のメニューの一番右端にある「Render」をクリックする。

9.「Rendering」という小さなウィンドウが立ち上がるので、その中の「Render Project」のタブを選ぶ(下の画像参照)

10.「Output file」というところで作った動画を置く場所を指定する。

11.左のリストから「MPEG-2」を選択し、更にその右で好きなレートを選択する。(以下画像参照)
数字が大きくなるほど画質はよくなるが変換に時間がかかる。そして容量も大きくなる。

12.左下の「Render to File」をクリックする。(変換し終わるまでしばらく時間がかかる。)



$カオスラボ-Kdenliveの画面3


③ニコニコ動画にアップ 今日はつかれたので次の記事で紹介します。^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。